ログイン
  1. ブログTOP
  2. りんごてゃさんのブログ

りんごてゃさんのブログ

  1. 2019/12/12 (木) 15:02

    大それたことはできない

    「大きくなったら仮面ライダーになる」 私が幼少の頃そう言っていたクラスメイトの彼はいま無事に仮面ライダーになれているだろうか…。 いや、そんな奴知らないけど。居なかったけど。 ほとんどの人は子供の頃に、そういう夢を持ってたんじゃないかな~と思います。 私も昔はプリキュアになるだとか、カマンベールチーズになるだとか、微笑ましい夢がありました。プリキュアはともかくカマンベールチーズて…('ω') 当然そんな夢は叶うことなくプリキュア適齢期もとっくのとうに過ぎた現在。 大人になってしまうと、自分に可能なことと不可能なことが見えてきてしまって辛くなります。 こんな平凡な人間には大それたことはできない…そう悟ってしまうのです。 うんうんわかった、現実は見えてきたから、じゃあ逆に考えていま私には何ができるのかな? 「そうだ、チャットだ!!」 はい、そう考えに至りました。 私には大それたことはできない…否!いきなり大それたことができるような人間はまずほとんどいない!! 大それたことを成し遂げた人って、地道な努力を継続してきた人なんだって、あの…どこかで見ました!! おお……! プリキュアやカマンベールチーズや新世界の神にはなれないけど、大人って実は子供の時よりも見える世界が広がっているんですよ。 子供の時にはプリキュアが唯一神だったけど、いまはもっと選択肢が広くて、なりたいものややりたいこと、その中でできることがたくさんある。 そこに向かうための時間も自由も私にはある。 なんと……!めっちゃ良いこと言うじゃん! へへへ… 私の夢は、、、ここでは言いません(笑) でも不可能じゃない夢です! コツコツ継続していればほぼ必ず叶う夢です(*´ω`) そのためにまず私ができること、それが 「できるだけチャットに入って人と喋ること」 なのでこれからは待機していることがいつもより多くなると思いますが、 どうぞ生暖かい目で見守ってください。 あとメールくれたりチャットに入ってくれたらギガントウレシスです。(古い) 今日はなんかふわっとした話でしたが、 なんというか「大それたことをするための準備を始めるよ」という宣言でした。 二日連続のブログ投稿で失礼しました。 でもこれからはブログの投稿頻度も上げていこうと思うのでよろしくお願いいたします('ω')ノ ではでは!

    りんごてゃ
    メール
  2. 2019/12/11 (水) 17:45

    思考回路はショート寸前

    優しさってどこからくるの?っと思うじゃないですか? たぶん、月野うさぎちゃんからだと思うんですよね…。 はあ?って思いましたか??まあ聞いてください。 皆さんはセーラームーンをご覧になったことがありますか? アニメでも漫画でも劇場版でも… 女の子はもちろん男の子でもセーラームーンが好きな人は多いんじゃないでしょうか。 私も例にもれず、強くてかわいくてポップで優しくて美しいセーラー戦士たちが大好きです。 実は世代でいうとアニメが放送していたのは私が生まれるよりも4年ほど前で、じゃあなんで好きなの?というと、母が観せてくれたからなんですね。 母もセーラームーンが好きで、私がまだ小学校にあがるまえからツタヤでビデオをレンタルして観せてくれてたんです。当時はDVDではなくVHSだったなあ。 そして最近、ちょっと前までアマゾンプライムでセーラームーンが第1シリーズ目と劇場版だけ観れるようになってまして…(今は劇場版しか観れません) 第1話から観てみたら、もうOPから涙が止まらないんです。 あれ?なんで?まだなにも始まってないのに… 私は思い出していたんです、幼少期のころの母の優しさを。うさぎちゃんを経て。 手をつないで保育園に行ったことや、熱を出して看病してもらったこと、母親ならやって当然かもしれないことも、今思い返せば二度と体験できない優しい思い出です。 生きていれば自分の存在を無下に扱われたり、なにかと死を連想して泣く夜があります。 私たち人間は全員、必ず母親から生まれて、幸せを願われていた、生まれた時にはきっとその場の全員が笑顔だった…。 なんと、セーラームーンのOPを観ながらそんなふうに考えて泣いていたのです。 完全に考えすぎです。冷静になってほしい。 と言いつつ今も書きながらめちゃくちゃ泣いています!!!ママア~!! なにが言いたいかというと、優しさの根源は母親であり、物心つく前に見たアニメには母親の面影があるよねって話です。 そして、これを読んでいるあなたも、私も、目の前の人も、みんながきっと祝福されながら生まれてきたことを忘れちゃいけないよねって。 世の中にはいろんな事情がありますが、子供を産むという行為には必ず愛が付随します。 いい育ちじゃなかった人も、きっと幸せになってねと願いを込められて産まれた子供です。そのことをずっと覚えておきたい、みんなにも覚えていてほしい、そして人にやさしくいてほしい。 (よし!まとまった!) ではいいかんじなので今回のブログはここまで! 皆さんもたまには、物心つく前に見ていたアニメや絵本、何でもいいですがそういうものを見てみると思い出すものがあるかもしれませんね。 りんごより愛と優しさを込めて。

    りんごてゃ
    メール
  3. 2019/10/11 (金) 16:06

    あれ??

    先日コンビニでからあげ弁当的なやつを買ったんですけどね、 お箸が入っていませんでした…。というベタなあるあるをぶっこむ。 私が「お箸ください」って言わなかったのも悪いので、画像の金田みたいに「箸をつけろよデコ助野郎‼」と怒ったりはしませんけども…( ;∀;)(あと店員は別にデコ助じゃなかったです) 忙しいもんねコンビニ!!忘れちゃうよねお箸!! ということでお久しぶりのブログ更新です。 気が付けばもう1年近くも更新してませんでしたねー! ということで近況報告。 ①歯列矯正はじめました ②チャット中の背景を変えました ③お腹を壊しました そのくらいですかね!? 大したことは起こってない。。。 あでもお腹を壊したのがめちゃくちゃ痛かったですね~>< 肉体的にも経済的にも"(-""-)" 人間の体は脆い…。 1か月以上まともでいられない状態だったので、いま10月からは巻き返すぞ~ と意気込んでいるところです。(もう3分の1過ぎちゃいましたが) ええ、それはもうスターをとって無敵状態になったマリオが如く 年末まで爆走していく所存ですよ。 いつも1年が残り4分の1とかになってから重い腰を上げ始めるの、 なんとかしたいですね。 またBBブログでも映画の感想長文とかあげていければなあと思います。 あと来月は私のお誕生日です。祝える人は祝って、それ以外は健康に暮らして。 以上。

    りんごてゃ
    メール
  4. 2018/11/2 (金) 13:24

    こんなにうれしいことはない・・・??

    はてさて皆さん。 今月の、きたる11月5日は何の日かご存知でしょうか?? はい、正解者なし! 実は、11月5日はわたくしの22歳のお誕生日でございます!!!イエイ!! 「知らんがなww」 という声が聞こえてきそうです。 まあ、私もちょくちょくこのただ歳を取るだけの、生物全てに存在する ’生まれた日’というだけのイベントのことはけっこう忘れがちなんですが・・・ ボケが始まるにはまだはやいというのに、 ここ最近は自分の年齢… ひいては生まれた年がいつだったかすら あやふやになってしまう時があります。 あれ・・??98年生まれ・・?いや97?あ、96年か! 今年何歳になるんだっけ・・・??? みたいな、ときどき右と左がわからなくなるみたいな現象がよくある。 え、みんなないですか??ちゃんと左右が考えずともわかります?? たぶんそれが正常なんでしょうね(笑) まあそのくらい自分の誕生日には頓着がないわけですが でもせっかくライブチャットをやっていて、私を知ってくれる人がいて ひょっとしたら誕生日おめでとうの一言くらいはもらえたりするかなあとか・・・ そんなことを思ったのでブログで公表してみました(*´ω`) 去年は母親くらいにしか祝われなかったし・・・むなしくならないように・・・!! 誕生日に頓着はないですが、 めでたさはあるかなと思います。 歳を取るということは、これまで生きてこれたってことですからね! 生まれてこなけりゃよかったなんて思う日もあるから 一概に感謝なんて言えないけども(´_ゝ`) 戦争もない、それほど貧困でもない、 まあまあ恵まれた環境で生きてこれた・・・! こんなにうれしいことはない・・・! ってかんじでしょうか? なんかめでたい話題なのに重っ(笑) ってことで11月5日、祝ってくれる方おまちしております…(#^.^#) 当日にチャットに来てくれたらなにかあるかも・・・??(ないかも・・??) ではでは~!

    りんごてゃ
    メール
  5. 2018/10/26 (金) 15:48

    りんご、散る

    タタタイトルが設定できるようになてる~~!?!?!? バージョンアップやんけ ここ最近はアプリのアップデートとかソフトのバージョンアップとか、 なんかそういうの多いですわね・・・ そういうのって、やったほうが良いこともあれば前のほうが良かったなあってのもあって、 ツイッターなんかはいい例です。 利用してない人にはピンと来ないかもだけど、 フォロワーのいいねをタイムラインに表示したりとかあれめっちゃ要らん…。 しかしながらものにはアップデートや、日本語で言うところの新調、漫画アニメで言うところのテコ入れ、カミーユで言うところの修正というのがある程度必要になってくるもんです! いいなあ、私もここらで一発アップデートしたいなあ! ということで、とりま今後の目標を定めました。 1痩せる(‐5キロ) 2本を読む(月2冊) 3絵の技術力を高める 4地頭を良くする 5ユーモアを身に着ける 6チャットでたくさん人と話す 多くね?? これを年末までにやりとげようと思います。 そしたらきっと新しい私になるはず! 今の私は某ガルマのごとく散り散りになることでしょう! 今回のブログは目標発表ということでした。 ところで今度の金曜日は『ヴェノム』を観に行くことに決めたよ! クッソ楽しみだよ~!! 以上。

    りんごてゃ
    メール
  6. 2018/9/10 (月) 15:51

    この前、久しぶりにアレやったんですよ、そしたらね… 驚かないでくださいね!なんと、わたし…!! 腹筋が1回もできなかったです。 クソザコかよ~~ッ!?!?!(膝から崩れ落ちる) いやめちゃくちゃびっくり、というか絶望ですよねもう。 人って体動かしてないと本当にどんどん弱体化していくんですね。 なので、ちょっとこれはまずいと思って軽い筋トレとストレッチを気付いたときにやるようにしたら、なんとか10回くらいは腹筋できるようになりました。 腹筋0回のクソザコからなんとか10回できるクソザコへの進化。 なんの話? たぶん、いつもブログ見てくれてる人はそう思ってるはず・・・ そうですよね! なんと今回のブログ、何の話でもないです!!! わはは。 特に映画の感想でもガンダムの進捗でも何でもない雑談のような話。 クッソどうでもいいクソザコの話でした(*^^*) あと話すことも特にないです。 あ~でもアレですね、私よくチャットで 「話してみると思ってたかんじと違った」 って言われるんですよ。 なんなんですかね?どんな感じだと思ってくるんでしょうねみなさん。 そしてそれはいい意味なのか??? 私なんかはわりとただのやかましいオタクなので、 「あっこの人は仲良くお話してくれそう」 とか思うとすぐにおしゃべりクソオタクのスイッチが入って色っぽい雰囲気の1ミリも出せなくなってしまう奴なんですよ。 たぶんその辺がこの、待機映像やプロフ画の清楚(笑)な印象と違ってみんな驚くんですね… (自己解決) みなさん!ということで私は、右手中指に爆弾(ペンだこ)を抱えながら映画とツイッターに依存し怪しい粉(ポカリの)を啜って生きてる手遅れクソオタクなので癒しの清楚系()とかエッチなお姉さん()とかあんまりそういうの期待してくると大けがして帰ることになるかもですよ。 十分に用心してかかること! では今回のブログは改まって注意書きみたいな感じになってうまく収まったので ここまで!! じゃあね!

    りんごてゃ
    メール
  7. 2018/8/20 (月) 16:38

    君は、生き延びることができるか―― みなさん、やりました。 ついにわたくしは華々しくガンダムデビューを飾ってやりましたよ。 過去の名作は観るべきだな、というのをスターウォーズを観て気が付いた次第… なぜか映画ではなくアニメに走ってしまいましたが正解でした。 とりあえず今のところは、ガンダムTHE ORIGINを観て、それからファーストを観おわり、 これから劇場版とサイドストーリーを観やんとするところでございます。 今後の目標としましては、宇宙世紀シリーズというのでしょうか?これをとりあえず全部観ようかなと思っているところです。 ネタバレだけはどうか慎んでくださいますようお願い申し上げますが…。 一旦ここでオリジンとファーストを観終わったところで軽く感想を書きたいと思います。 いや、なんだこの深いアニメは…。 ファーストガンダムは、全編通してずっと戦争をしているんですね。 ジオン軍と連邦軍。これらが対立するわけですが…。 そこにそれぞれの思惑が重なってくるわけです。 まあこれだけ言うと普通なんですが、その思惑というのが鍵なんですよね…。 強烈な復讐心、次々死んでいく仲間や心通わせた敵の兵士。 アムロたちの正義とシャアの持つ正義はどちらも正義だし、どちらが良いとか悪いとかではない…というのが身に沁みます。 ホワイトベースの彼らのほとんどがまだ10代で、正規の軍人はブライト1人というのも恐ろしいですね。 突然軍人にされて、最前線で戦わされて、仲間は目の前で死に、明日は我が身と怯えながらも疲弊しきった体に鞭を打ちモビルスーツに乗り込む。 彼らが戦わなければ(人殺しにならなければ)ならない理由とはなんなのでしょうか。 目の前の人間、なにか恨みがあるわけでもない、出会うところが違えば友人になれたかもしれない人間、それを敵の兵士だからという理由のみで殺す。 仲間を殺されたことで、あるはずのなかった憎しみは生まれ、それが繰り返される。 戦いは非情さ…。ということか…いやもうほんと非情だな…。 最終回でジオンと連邦は終戦協定を結びました。 無駄な死がなかったとは言えません。 戦争、という大きく扱いづらい題材を描き、戦争の無慈悲さや命の尊さを 当時の子供たちにトラウマレベルで植え付けたであろう本物の名作でしたね。 こういう、本当に理解できるのは大人になってからだろうなあという作品こそ 子供にもしっかり観てほしいものです。 そして私もまた何年かあとに観返してさらに理解や考えを深められるのだろうなあ…。 オタクなのでずっと前から知っていた 「悲しいけどこれ、戦争なのよね」 というスレッガー中尉のセリフは本当に良いですね。かっこよかった…。 セリフで言えばオタクはもとより非オタも聞いたことはあるんじゃ・・? といったような名セリフが満載で楽しかったですね。 ついつい日常的に使ってしまいます…。 意外だったのが、あのたぶん一番有名な 「アムロ、行きまーす!」 というのはそんなに言ってないんだなっていう・・・(笑) ところで私の好きなキャラは、カイ・シデンです。 彼は良いキャラしてますね~ほんと死ななくてよかった…。 不良少年かと思いきや、自分にできることをしっかり頑張っててめっちゃ良い子… ってギャップにやられました(笑) 人間味の強い良いキャラです。 まあシャア・アズナブルさんのことは大体みんな好きだろってことで省略(´_ゝ`) 美男子が嫌いな女子なんていません…! ただ彼は最後まで妹想いのキャスバル兄さんだったなあ… 観ながら「このシスコン!」と呼んでしまいました(笑) 冗談です。 あとランバ・ラルさんも好きだしガルマも可愛いしブライトさんもツンデレで可愛いし、 登場人物みんな魅力的でしたね!(*´ω`) はやく次が観たいです…! 今回はここまで! しばらく映画ブログじゃなくガンダムブログになりそうですが よければお付き合いください(^_-)-☆ ではでは。 勝利の栄光を、君に!

    りんごてゃ
    メール
  8. 2018/7/26 (木) 12:38

    はじめてを捨てました・・・ こんなに良いものだったとは/// 感想をきいてください(´・ω・) はい、釣り乙ですね。 いや嘘は言ってないですよ、実はね先日、 スターウォーズ処女を捨てました。 お恥ずかしながら生まれてこの方二十数年、スターウォーズを観たことが無かったのです。 「映画好きを名乗っておいてスターウォーズも観たことないなんて笑」 と笑った人たちも居ました、いや、そういう人らは黙ってろってかんじなんですが。 でも確かに、そうも言いたくなる作品ですよね。まあ黙ってて欲しかったですけどね。 しかし本当に素晴らしい作品でした。 現在、観たのは旧3部作と新3部作と近年やっていたフォースの覚醒、ローグ・ワンの計8本ですね。あとは次に最後のジェダイを観て、いま公開中のハン・ソロを観ればとりあえず制覇でしょうか・・?アニメとかもあるようですがそれはまた別の機会に… 本当は全部見終わってからブログを書きたかったんですが我慢できずでしたね。笑 それでは以下感想を書いていきます。 なんというか、悪には悪の人生があるというのをここまで丁寧に描いた作品もなかなか見ないですよね。 そういうことを言いたいんだろうなというのはよくありますが…。 旧3部作ではルークが父であるベイダー卿に挑むというお話で、新3部作は過去にさかのぼりその父の幼少時代からダースベイダーとなるまでを描いたお話でした。 旧3部作だけを見ると、 まあベイダー卿も父親なんだなあふんふんというかんじですが、 もう!新3部作をみたら・・・ア、アナキン‥!!彼も一人の子供なのね…この世界が生んだ悲しき人の子…ウッウッ(涙)そしてオビワンとも厚く理解しあえていたのに…この二人の最後がアレだったのもグッとくるなア…オビワンは最後まで弟のように愛していたアナキンをその手で殺せずにいたのね…ウッウッ(号泣) といったかんじでした。 新3部作で背景の深さが一気に海底2万マイルくらいになって 地上に戻れなくなっちゃいましたね…といった印象です。汗 そしてそこから、物語は次の世代へ… フォースの覚醒では、ハン・ソロとレイア姫の息子、つまりベイダー卿の孫であるカイロ・レンが闇に染められ、一方では強いフォースに目覚めたレイがレンに立ちはだかるといった物語。最後のシーンではレイが伝説のジェダイであるベイダーの息子、ルーク・スカイウォーカーのもとへ辿り着く場面で終わりました。 このあと一体どうなっちゃうの~!?!? この続きは最後のジェダイで明らかになるんですかね・・?? 早く観たい…!! あの最後のシーンですっかり歳を取ったルークの姿を見て、 改めて時の流れや人生について想いを馳せてしまいました。 こういうの私すごい弱いんですよ。 かつて美しく強かった青年が、歳を取り老いに抗えなくなっている姿を見るともう… こういうの以前クリードを観た時もありましたね。あんなに強かったロッキーが早朝にダンスを踊っちゃうおちゃめなおじいちゃんになってるやつ…軽やかに駆け上っていたあの階段を、息切れしながら介助されながらやっと登れるくらいになってしまってるやつ…私あのシーンで号泣しました。 盛者必衰、ですね。 どんなに美しく逞しい者も必ず老いるし、やがて死ぬ。 そんな当たり前のことを、いざ突きつけられるとなぜ涙してしまうんでしょうか…。 そして、ぜんぜん関係ないけどハン・ソロの恰好よさよ‥‥ 近年エクスペンダブルズでハリソン・フォード見たときはチワワちゃんやんけ!とか思っちゃってたけどいやいやとんでもねえよ?? 歳取ってもハン・ソロは相変わらずセクシーでダンディで格好いい…!! いろんなとこで借金作って常に追われてるけど飄々としてる感じとか女性の扱いに長けているところとか利己主義かと思いきや仲間を見捨てられない熱さとか…めっちゃタイプですやん…となりました。いや借金はダメですけど。レイア姫が惚れないわけがないんだわ…。 でも息子と対峙した時のアレ、なあ~!やばくねえ!?マジ?? って感じですよ…本当に辛い。 またスピンオフ映画となるローグ・ワンではまたまた時代が遡って、アナキンがベイダー卿になった時期、とんでも宇宙要塞デス・スターができるまでのお話でしたね。私の大好きなドニー・イェンさまも登場するということで期待してましたが…!ドニー・イェン~!?ドニーさん!ああドニーさん!!(号泣) と…詳しくはネタバレになっちゃうんでアレですが、これも辛かった。 ともかく物語のいち展開に、 感情が右往左往とぶん回されて、 情緒不安定になりそうな、素晴らしいシリーズです。 私、過去の傑作みたいなの案外観てないの多いですけど、 有名作品はやっぱり観なきゃ、と思いましたね‥汗 このままだと私もスターウォーズTシャツを着て街を闊歩するサブカルクソ女になってしまうよお~!でもめっちゃTシャツ欲しい。笑 これを観たかつての少年たちが「俺の父ちゃんパイロット」って虚言を吐いたりしてたのも…わかる、わかるぞ。 私の父ちゃんもパイロット。(願望) ということでまた長くなってしまったのでこの辺で終わります。 最後のジェダイ観たらまた何か書くかもしれません…! ではでは。ここまで読んでくださりありがとうございました。

    りんごてゃ
    メール
  9. 2018/7/11 (水) 16:52

    私が本当に求めていたのは愛?金?いいえ、崇拝する王でした…。 映画「バーフバリ」を観ました。 去年話題になっていた時期はまったく気にしていなかった「バーフバリ」。 すごいすごいとは聞いていましたがまさかここまでとは思いませんでした・・・・ もう観た人もまだ観てない人も、すべての映画好きは一度バーフバリに収束するべき…かもしれない笑 ひとまずあらすじを載せますね。 古代インドの大国マヒシュマティ王国の女性シヴァガミは、赤ん坊を守るために滝の下に降り追手の兵士を殺し、付近の村に向かおうとするが、足を滑らせて川に落ちてしまう。シヴァガミはシヴァ神に「自分の命と引き換えに赤ん坊の命を救って欲しい」と祈りを捧げる。翌朝、赤ん坊の泣き声を聞き村人が集まり、赤ん坊を川から助け出し、シヴァガミは滝の上を指差した後に川に沈んでいく。村人たちは赤ん坊を滝の上に返そうとするが、村長の妻サンガは「赤ん坊は子供が生まれない自分への神からの授かりもの」と主張して拒否し、滝の上に通じる洞穴を封印してしまう。サンガは赤ん坊に「シヴドゥ」と名付け、自分の息子として育てることを決める。 25年後、シヴドゥは逞しい青年に成長するが、成長と共に滝の上の世界に興味を抱くようになり、毎日滝をよじ登ろうと試みていた。サンガはシヴドゥの滝登りを止めさせるため、導師の助言でシヴァ神の石像に水をかける願掛けを行う。しかし、願掛けを一人で1,000回行わなければならないことを知ったシヴドゥは、シヴァ神の石像を担ぎ上げて滝に沈め、水をかける手間を省かせる。それ以来、シヴドゥは滝登りを止めたためサンガは喜ぶが、シヴドゥは滝から落ちてきた仮面に夢中になっていた。その仮面が女性の物だと知ったシヴドゥは「持ち主の女性に会いたい」と願うようになり再び滝登りを再開し、女性の幻に導かれて遂に滝の頂上に到達する。 ウィキペディアからですが、いや長いわ笑 申し訳ないです((+_+)) 要するに、すごい偉い人が赤ん坊の命を村人に託し、村で育てた赤ん坊はたくましく育ち、やがて生まれた故郷へ戻り国を救おうと奮起するというストーリーです。 この赤ん坊こそがバーフバリなんですね。 なぜ偉い人が赤ん坊を命懸けで助けたか、故郷はなぜ救わなきゃならないのか、バーフバリは何者なのか・・・。 物語が進むにつれ謎は紐解かれてゆきます。 こちらの映画は2本合わせて完結なのですが、そのほとんどを回想シーンに費やしています。 赤ん坊のバーフバリが村人たちに託されるまでを、50年前まで遡って回想するんです。 またこの、構成がいいですよね! 物事の説明をするときに、通常は最初から最後までを時系列で説明しますが、バーフバリの場合は結論→過程の順で物語が進みます。 これすごい好きなんですよ!! 結果を見て、なぜ?どういうこと??ってなるのが楽しいんですよ。 こういうことかな?と思ったら違っていい意味で裏切られたり…。 バーフバリでは、「ええ!?」「まじですか・・」「すごい!!」「とんでもねえ」 と驚いたり喜んだり裏切られたり圧倒されたり、もう感情が追い付かないんですね。 心臓がバクバクして、「このあとは!?」「バーフバリ!バーフバリ!」となるんです。 バーフバリは、王です。 古代インドの大国の王なんです。 しかもただの王ではなく、バーフバリには圧倒的な”力”があるんです…! 超大型巨人くらいの大きさの巨大黄金像を一人で引っ張る、地面に生えているヤシの木を腕力だけで引き抜く、モーニングスターで強めに殴られても凛としている、何十メートルも先の動き回る動物を弓1発で仕留める。それらのパワーを使いこなすだけの知性に溢れ、人を愛し、倫理的で、悪は容赦なく切り捨てる。 こんなに理想的な君主がほかにありえるだろうか!?!? 圧倒的パワー、そして惚れ惚れするほどの知性、なによりも民を愛する心。 惚れざるを得ません。崇めざるを得ません。 わたしの神はインドにあらせられたのだ・・・・・・・・・・・・・・。 そしてストーリーの良さよ… もう、みんな信念があるんですよ。 女性も男性も、信念があり強く美しく逞しい。 間違った道を行けばそれを真摯に受け止め己を改める。戦士です。 ちょっと、日本の侍に通ずるものがありますね。 特に、王家に代々仕えるカッタッパという老剣士。彼は本当に本物の戦士です。 王女とバーフバリ子息の間で葛藤する姿は涙を誘いますね・・・。 現代では、かつての戦士たちの「死してなお君主に仕える」という発想は古いとされています。それは人々の考えの多様化であり、成長ともいえると思います。 私も、何があったって死ぬことはないんじゃないか、いやなこと、怖いことからは逃げてもいいだろう、と考えているほうです。 今でもブラック企業とかそういうのって「命を犠牲にして働く」みたいなとこあるけど・・あれはよくないですね。 でも、自分の信仰したい神、王、人を裏切らず最期まで真摯に付き添うことってすごいことだと思います。強くなければできないことです。 罪のない他人をポア(例のやつ)したりとかはもちろんダメですが・・・・。 戦士のような強さを持つことは素晴らしいことのように思えます。 私もバーフバリのように強く美しく逞しい人間になりたいですね…。 また、この映画の良いところは、人物の感情に合わせて効果的に入る音楽やSEなんですよ。 こればかりは文章で伝えられないので体感していただくしかないです。 一歩間違うとギャグかな・・?てくらい効果的でわかりやすいSEなのですが、それがなんだかマッチして、よりのめり込める。 また感情、状況、SEに合わせたカメラワークもすごいです。 少し70~80年代を思わせる撮り方に、最新の映像技術が加わって、化学反応を起こしている…。 映画ってすげえー!!と思いました。 これが合法だなんて‥‥ インド映画を観るのはこれが2度目なのですが、 バーフバリはインド映画でも別格なのでしょうか・・・?? かなりインド映画に興味が出てしまったのでなにかお勧めがあればもっと観たいですね。 だれか詳しい人教えてくださーい!!! 長くなりましたので今回は以上です。連続投稿すみません(;'∀') ここまで読んでくださりありがとうございました~!!

    りんごてゃ
    メール
  10. 2018/5/28 (月) 11:32

    ご無沙汰しております・・・! なんやかんや1か月近くチャットにINせず。。 メールくださった方もたくさんいらっしゃて、申し訳ないです((+_+)) この1か月私が何をやってたか!?というのはですね、 まあそれはチャットに来てくださったときにでも聞いてやってください笑 ともかくこれからは割と入っていこうかなと思ってますので、どうぞよしなに(^^)/ ブログのほうも、映画の話とかまた書いていきますのでぜひぜひお時間あれば読んでくださいな☆ ではでは、今後ともよろしくお願いいたします( ^)o(^ )

    りんごてゃ
    メール
  11. 2018/3/1 (木) 18:51

    【朗報】 今日はみんな大好きアレの日です。 なんだと思います?? マヨネーズ。 そうなんです、マヨネーズの日なんです。いや、みんな大好きっていうのは違いますね…苦手な人も居ますよね(;´・ω・) っていうかそんなことはいいんですどうでも!!!!!! 今日話したいのはですね、もっと私事な内容です。。 私、ここのところブログで映画の話ばっかりしてるでしょう? しかも、すごい文長で(笑) それが功を奏したのか?先日ありがたいことに感想のおメールを拝受いたしました!!!! ブログの感想をメールでもらう、これはすごいことです。 少なくとも私にとってはとてつもない喜びです…!! あの映画はどうだとか、これはよかっただとか…お話するの楽しい! だって、こんな映画ブログどうせ開いても長すぎて流し読みしかしないでしょ…とか思ってたんですもん(*_*; まさかちゃんと読んで感想を送ってくれる方がいらっしゃるなんて・・!!! 続けてればいいことあるもんだなあと思いました。 そして同時に、 もしかしたら、私のことをご存じないだけで、 まだまだメールで映画の話ができる方がひょっとしたらいるのかもしれない… とついつい思ってしまいました…!てへ もし映画のこと話したい!とかっていう人がいらっしゃれば、 メールをくださるとうれしいなあ(/ω・\)チラッ なんて‥‥いや、映画のことじゃなくてもいいんですよ! ドラクエとかもやってます。 私に興味を持ってくれて接触を図ってくれる…それだけでけっこううれしいのです! ということで、今後ともブログのほうよろしくお願いしますね(^_-) そしてできればいいねがほしい(貪欲) あ、画像は内容と一切関係ございませんね!ただの自撮りです、すみません。 では、また☆

    りんごてゃ
    メール
  12. 2018/2/23 (金) 0:13

    ヤロウオブクラッシャアアアアア!!!!! 「来いよベネット、銃なんか捨ててかかってこい」 メイトリックスのこの言葉の後にベネットは、上記と画像のようになります。 すみません、1行目はふざけてます(笑) 昨日更新したばっかりなのにまたブログかよ! と思うかもしれませんね、すみません( ゚Д゚) いや、コマンドーを見たのは2週間くらい前なのですが なぜか記憶がぶり返して書きたくなってしまいました。 あ、コマンドーご存知ですか??? アーノルド・シュワルツェネッガー主演、1985年公開の映画です。 ニ〇ニコ動画とかではかなり有名なようですが(笑) 私はこれは、スカッとしたい時に観る映画としてはものすごいいいなと思っています。 というか私はこれをそういう時によく観てるんですよね。 頭をすっからかんにしてでも観れるし、観た後も頭がすっからかんになる。 なにも考えられなくなり高揚感だけが続く、まるでシャブですね!! これが合法で楽しめるんですから、映画って最高ですよね。 この映画、どこがどうシャブたらしめてるかというと、なんといっても軽快な掛け合いの妙にあります。 「(娘を)無事取り戻したければ俺たちに協力しろ、OK?」「OK!」(そして殺す) 「面白いやつだな、気に入った。お前は最後に殺してやる。」 「お前は最後に殺すといったな、あれは嘘だ」 「余裕の音だ、馬力が違いますよ」 「10万ドルポンッとくれたぜ」 「連れを起こさないでくれ、死ぬほど疲れてる」(実際死んでる) 「筋肉モリモリマッチョマンの変態だ」 「元グリーンベレーの俺に勝てるもんか」 「試してみるか?俺だって元コマンドーだ」 「何が始まるんです?」「第三次大戦だ」 吹き替えなのですが、私が気に入ってるところでいうとこんだけあります。 これは字面で見てもよくわからないですが、実際に映画を観て聞くとめっちゃ面白いです。 「OK!」が個人的には一番好きです。 「OK!(OKとは言ってない)」というかんじ(笑) ネット上では異常なくらい人気があるのですが、 私的にはそこを差し引いても傑作と言わざるを得ませんね。 ストーリーは単純!かつての戦友に娘を攫われ返してほしくば汚い仕事をさせる! と言われたシュワ演じるメイトリックスが筋肉にものを言わせて娘を取り返しに行く、という話です!単純~!! しかし、名作のストーリーはたいてい単純なものです。たいてい3行で説明できます。 その中に、細部に至る技の妙を光らせる・・・ あと、アクション映画にはよくあるのですが 最終決戦でお互いが銃や武器を捨てて素手で殴りあおうとする展開。 これ、だいssっすきなんですよね。 本当の実力で勝ちたいだろう? 武器なんか使って卑怯者のままでいいのか? と、男のプライドを刺激するんです。 正直最高です。自分が女でいることがこれほど悔しいことはありません。 羨ましい・・・・ この展開が、この映画にはあります。 ブログ冒頭のやつです。 「来いよベネット、銃なんか捨ててかかってこい」 「野郎、ぶっ殺してやる!!!」 この、見事な煽り煽られの掛け合い!! 素晴らしいです、文句なし。 シュワちゃんといえば『ターミネーター』! のイメージを、この映画は払しょくしやがります。 シュワちゃんといえば『コマンドー』! と、いつの間にかなってしまいました。 私は高校生の頃に『コマンドー』に出会ってから、 もう無理だ…となったときは必ず観て、一度感情をリセットしてます。 この映画がなかったら私は今頃廃人のように惰性で生きていた…かもしれません(笑) なんかすごい神格化してしまってますけど! まあ!ここまでは個人の意見なので… 観たけどなんともならねえよってひとはいいんですそれで!ひとそれぞれなんで! 私はムキムキの男を見るとストレスが吹き飛ぶ特異体質なので、それもあるかもしれません(笑) シュワちゃん、ほんっとにムッキムキなんですよ…… いや、知ってますよねさすがに…(笑) さてさて、ということで今回は ぜひご鑑賞いただきたい名作のご紹介でした。 ここ最近は脳筋系の映画ばっかり見てるからなんだか知能が下がりそうです。 でも中毒なので、まだまだたくさんみまーーーす!!!!!はは!!!!! (知能の低下が顕著) ではでは。

    りんごてゃ
    メール
  13. 2018/2/21 (水) 19:42

    なんかエロい気がします!!! エロくないですか!?エロい!!(確信) ジェット・リーのやる悪役の話です‥… お久しぶりのブログ更新でございます。 最近は映画レンタルをあまりしてなくて、自宅にあるものを観返したりしているのですが… 昨日は2007年公開『ローグアサシン』を観ました。 久しぶり~! いろいろ内容忘れてたりするので、家にあるものも観返すと新鮮ですよね。 主演はジェイソン・ステイサムなのですが、私はステイサムというより悪役のジェット・リー目当てで購入したんですよ(*'▽') ステイサムも好きですよ! でもなんていうかジェット・リーって… すごい色っぽくないですか? クールでキュートでセクシー…あの目つきがいいですね… 功夫スター界の壇蜜ってところでしょうか(個人の意見です) おそらくもうお気づきの事と存じますが、私はジェット・リーの事が性的な意味でとっても好きです…!! 165㎝という低身長ながら、しなやかでいてキレのある美しいアクション、劇中では比較的クールな印象だけど本人はお茶目で可愛らしいというギャップ、端正で幼さの残るお顔立ちもロリコン心くすぐられてとっても萌えです…ッ!( ^)o(^ ) ハリウッド進出してからは名前をジェット・リーとしていますが、 本名は李 連杰(リー・リンチェイ)とおっしゃるんですよね(かわいい) 私は普段はりんちぇいとひらがなで呼ばせていただいております(その方がかわいいから) なので以下りんちぇいと表記いたしますね!!(笑顔) そして、そんなりんちぇいが出演しているこちらの「ローグアサシン」という映画。 ストーリーとしては、 FBI捜査官のジョンとトムは、サンフランシスコの埠頭でマフィアの抗争事件を捜査中に、伝説の殺し屋ローグと遭遇する。ローグを追い詰めるが、あと一歩のところで取り逃がす。数日後、男がトムの家を訪れ、トムとその家族を惨殺し、家もろとも焼き尽くしてしまう。ジョンは現場に落ちていたチタニウム製の薬莢から、犯人はローグだと直感し、ローグへの復讐を誓う。 そして3年がたったある日、ジョンは殺人事件の現場でチタニウム製の薬莢を発見する。 といったかんじで、王道刑事もの復讐劇といったところです。 正直鑑賞後は、???という状態になる、設定がややこしくて傑作とは言い難い作品なのですが(笑) こういうの私は好きです。 たくさん人が惨殺されたり爆発したりする映画は好きなのです。 賛否ありますがね…! B級映画を愛せる人こそほんとに映画好きだと私は思います…!(異論は認める) B級映画にツッコミ入れながら観るのも楽しくないですか?? また劇中には日本のヤクザなども描かれていて、日本刀とか、日本庭園とか着物とか、カタコトの日本語を話す日本人(笑)とかが居たりするんですよ。面白い。 そして日本のヤクザのトップとの戦闘ではりんちぇいが日本刀を持って応戦するというね・・・なんか、監督はこれを撮りたかったんだろうな‥その気持ち、わかるぜ‥!!!となりました。なんか、なんかロマンありますよね‥‥!!たまらんものがあります。 そして私がこの映画の素晴らしいと思うところは、りんちぇいのキャラクター設定とビジュアル。 真っ黒の服を着てるんです、それでかかとの高い靴を履いてるんです、ちょっと潔癖っぽいようなんです、吹替が池田秀一さんなんです、それで日本刀持って戦うんです‥‥ えrrっろ!!!!!!!なにその性癖特大号????? めっちゃ好みだわあほ!!!!色気駄々洩れ!! しかもあの、低身長とベビーフェイスで…!一見殺し屋とは無縁そうな穏やかな見た目なのに、まるで虫みたいに人を殺していくんですよ…ギャップ!!! 中二病かよ…!!! 取り乱しました。 たぶん監督は中二病です(笑) りんちぇいの悪役ってなんかエロいんですよね(個人の意見です) 他にも『リーサルウェポン4』とか『ハムナプトラ3』とかで悪役をやっているのですが、 なかなかどうして、性癖に突き刺さる(笑) そもそもジェット・リーという存在が私にとっては性癖そのものなんですよね。 そして私はどの作品においても悪役が好き。 これは運命でしかないです。好きにならざるを得ない。 なんだか映画の感想というよりジェット・リーへの性的興味を晒け出しただけになってしまった気がしますが、 『ローグアサシン』は面白いので暇な人は観てみてください。暇な時でいいです。 あ、ケイン・コスギも出てます。 では、 語ろうと思えばいくらでもイケますが、今回はこのくらいにしておきますね(*´ω`*) 次回もたぶん映画の話します(笑)

    りんごてゃ
    メール
  14. 2018/2/5 (月) 17:00

    うれしいとき、悲しいとき、どうしようもなく感情的な彼らはやはり魅力的です・・ 映画『ラブ・アクチュアリー』を観ました! 前回からちょっと間が空いてしまいましたけど、宣言通り 『ラブ・アクチュアリー』の感想ですよ(*´ω`*) ここ最近はコリン・ファース月間として、コリンの映画をとにかく観ようという期間なので 例にもれずこれもコリン・ファースが出演している映画です! でもこの映画キャストすごすぎませんか!? コリンをはじめとして、 アラン・リックマン、ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、マーティン・フリーマンまで居ました・・ 他にも、私は勉強不足で名前までは存じ上げないけど見たことある俳優さんが次々と出てきてもう・・・ それだけでお腹いっぱいという感じだったのですが(笑) いやいや、何といってもこれ、鑑賞後の多幸感が半端じゃない!! この物語は、クリスマスの5週間前から始まる、 19人の男女が織りなす9つの恋物語というものでして・・ 人の数だけ愛がある、愛は人間の根源たるエネルギーで、 与えることはできても奪うことはできない、この世で最も尊いもの。 この映画を観て、そんな思想が脳裏に浮かびました・・ ちょっと小恥ずかしいですがそうなんです(笑) 素敵だなと思うのはやっぱり冒頭の語り。ちょっと引用しちゃいますね。 ‘’世の中に嫌気がさしたらヒースロー空港の到着ゲートへ 人は言う ‘現代は憎しみと欲だけ’と そうだろうか? ここには‘愛’の光景がある 崇高な‘愛’ではなくニュース性もない 父と子 母と子 夫と妻 恋人同士 懐かしい友人 ‘9月11日’の犠牲者が あの時かけた電話も‘憎しみ’や‘復讐’でなく‘愛’のメッセージだった 見渡すとー 実際のところ この世には愛が満ちあふれている‘’ もう冒頭でこの言葉を聞いた瞬間から、 今から私は素晴らしい映画を観るんだ!と確信してしまいますよね。 中でも好きなシーンというのが・・ いやもう選べないわ!!ってくらい良いシーンばかりなんですけど、 好きというか大いに共感したシーンが、こちらです。↓ アランリックマン演じるハリーの妻カレンは、 夫がネックレスを購入しているのを知り、自分へのプレゼントと思いこっそり喜んでいた。 しかしクリスマスに夫から貰ったのはネックレスでなくジョニ・ミッチェルのCDで、 ネックレスは夫の愛人に渡っていることを知る。 自室にて貰ったCDを聴きながらひとり泣くというシーン・・・。 ここでかかる曲の歌詞がまたとてもいいんですよね・・・。 共感といいつつこんな経験は実際はないのですが(笑) ものすごく感情移入してしまいました。 愛してる人が自分以外を見ているってものすごい辛いんですよね、しかも ネックレス貰えると思ってたんですよ!!そんなのプレゼントされたことないから舞い上がってたのに蓋を開けたらCDで・・・あの綺麗なネックレスは若い女が嬉々として付けてるんですよ!! 辛すぎる・・・・ 私としてはこの夫婦は最後までちょっと消化不良で終わっちゃいました(´・ω・`) でも夫婦ってそんなもんなんですかね。浮気がばれて、大げさに愛を確かめ合うなんて 若い男女がすることなんでしょうね、きっと。 ここで大げさにそんなことしてたら逆に映画の質が下がっていた気もしてしまうのであれでよかったのかなと思います。 他にも、本当に愛おしいカップルばっかりで・・ 最後のコリン演じるジェイミーのプロポーズシーンなんかは例によって涙が止まりませんでした。 愛って素晴らしい・・・・・・・・ 私、普段恋愛映画とかまっったく観ないんですけど こういうのは大好きです。 最後の最後に、空港のシーンなんですけど、劇中に登場したすべての愛を持つ人たちと、 そして他の、家族や恋人同士や友人同士。またそこから映像が分割されていって、全世界の愛ある人々の映像が集まってモザイクアートになりハートの模様が浮かび上がる♡ という演出が、あの、感動が最高潮になっている状態での追い打ちとも言いましょうか・・ ありがちな演出ですが、ありがちやベタというのは王道とも言いかえれますからね、 良いものだからたくさんあるわけですから・・よかったです、すごく愛を感じました。 こういう映画が今後も作られ続ける限りこの世界はまだ大丈夫だなと、 そう感じますね、大げさですけど(笑) 人間は技術の進歩によって人間らしさを無くすなんて言われますが、 私はそうとは思えません。 技術が進歩すればするほど生身の人間の需要は高くなると思っています。 人工知能に人間の愛が完全に理解できてそれをAIが自分自身にも取り入れられるかというと、それは無理なんじゃないかなと思っちゃいます。 それだけ人間の愛というのは複雑で、どんなに技術が向上しても0と1には変換できないものだと思いたいです。 人の感情はほとんどは解明されていませんからね・・それが解明されたらあるいはAIが台頭する時代が来るかもしれませんが。今はまだそんなこと信じたくないものです。 AIはAIでロマンがあって好きですけどね(笑) この映画全てのシーンが良いので全部言ってってたら原稿用紙100枚分とかになっちゃいそう・・・ そういえばこの映画はクリスマス映画ですね・・ クリスマスはもう過ぎちゃったけど、これからちょうどバレンタインですからね(*´ω`*) 既婚者の方は奥さんに、好きな人が居る方はその人に、 この映画で自らを奮い立たせて、思い切って愛を伝えてみてはいかがでしょうか。 もちろん友人同士や家族でもいいんですよ! 劇中、リーアム・ニーソン演じるダニエルは妻を亡くし、義理の息子に言うのです。 「もっと母さんに愛してると伝えればよかった」と・・ 涙腺崩壊。 もう、よくある話だけどこういうの泣いちゃうんですよね、年かな・・ そういうことですから、後悔しないように伝えたいことはちゃんと伝えましょうね。 はあ、近頃の私は愛とかいうものへの関りをすっかりおろそかにしてしまっていたので、 いまこの映画に出会えて本当に良かったです。 映画は人生に潤いを与えますね、映画って本当に良いですね。 毎年クリスマスにはこれを必ず観たいと思います。 でも海外特有なのかな、お前ら惚れっぽすぎってなります(笑) また長くなってしまいました(笑) もうこのスタンスで行きますよ私は、他の女性にはないですからねこういうのは! ブログは長いもんでしょ!(笑) では、また次回! しばらくはまたドラクエに戻ろうかな・・? ではでは~

    りんごてゃ
    メール
  15. 2018/2/1 (木) 16:50

    これはただのアクション映画ではない、 哀しくも愛しい一人の男のヒューマンドラマ。 『ランボー』の魅力について・・・ 前回のブログの終わりにあるとおり、 今日は先日久しぶりに観た映画『ランボー』について書きたいと思います! もはや説明不要、特にチャットに来る世代の方だと 馴染み深いという人が多いのではないでしょうか・・! スタローンに育てられてきたと言っても過言ではない方たちに、 私なぞが今更何も言うことなどないような気もしますが(笑) ではまずあらすじを・・(知らない方のために!) ウィキから引用したいと思います! 以下あらすじ! ‘’1981年12月のワシントン州。ベトナム帰還兵ジョン・ランボーは、ベトナム時代の戦友を訪ねて山間の田舎町を訪れる。しかし戦友は、戦争で浴びた化学兵器の後遺症で癌を患い、既にこの世を去っていた。戦友宅を辞去し、食事をとるため街へ入ったランボーに、保安官ティーズルが声を掛ける。ティーズルはランボーがトラブルを起こしそうな身なりや顔つきだと判断し、偏見から街を出ていけと高圧的な態度で告げ、ランボーをパトカーに乗せて市街地の外れへと追い出す。それでも来た道を戻り街へ入ろうとするランボーを、ティーズルは浮浪罪とサバイバルナイフ所持で逮捕し保安官事務所へと連行する。‘’ 長い・・(笑) そうですね、そして連行されたランボーは警察から水責めや暴力など 酷い仕打ちを受け保安官事務所から逃げ出します。 そこからはほとんど最後までこの警察から逃げるシーンが続くのですが・・ 警察の執念とランボーの深い悲しみと闇がシンプルに描かれている傑作です。 最後の、ランボーが大佐に泣きつくシーンは毎度ながら涙なしでは観られません。 長いですが引用したいと思います。 ‘’何も終わっちゃいねえ!何も!言葉だけじゃ終わらねえんだよ! 俺の戦争じゃなかった、あんたにやれって言われたんだ! 俺は勝つためにベストを尽くした。だが誰かがそれを邪魔した! シャバに戻ってみると空港に蛆虫どもがぞろぞろいて、抗議しやがるんだ! 俺のこと赤ん坊殺しだとかなんとか言いたい放題だ。奴等に何が言えるんだ? ええっ!奴等はなんだ、俺と同じあっちにいてあの思いをして喚いてんのか! 『みんな失望し苦しんでいたんだ もう過ぎた事だ』(トラウトマン大佐) あんたにはなァ!俺にはシャバの人生なんか空っぽだ 。 戦場じゃ礼節ってもんがあった。助け合い支えあっていた。ここじゃ何もねえ! 『お前は私にとって最後の一人だ 野垂れ死にをしてくれるな』(トラウトマン大佐) あっちじゃヘリも飛ばした 戦車にも乗れたよ!100万もする武器を自由に使えた! それが国に戻ってみれば駐車場の係員にもなれないんだ!! 畜生・・みんなどこ行ったんだ クソ・・ 空軍にも友達がいた。みんないい奴だった。あっちじゃ友達はごまんといた。 それなのにどうだ ここには何もねえ・・ ダンフォース、憶えてる。俺、いつかマジックペン一本取って拾い物って ラスベガスに送ったんだ。俺たちいつもベガスのこと、車のこと喋ってたから・・・ あいつはいつも赤いシボレー(シェビーの正式名称)の コンパッティブル(コンバーチブル)のこと喋ってた。 帰ったらタイヤが擦り切れるまで走ろうって・・ 俺たちがいたあの納屋に子供がやってきて、靴磨きの箱を持って『お願い磨かせて』 そう言ったんだ 俺は断ったがしつこくせがむんでジョーイは承知したんだ。 ビールを買いに外に出た。箱に仕掛けがあった。 箱は爆発し、やつの血や肉が俺の体に・・・ すごい悲鳴だった!あいつの血や肉が俺の体にべっとりついてこんなに!! 引っぺがさなきゃならなかった!友達が、俺の体中に飛び散って! 俺、なんとかあいつを抑えようとした!けど、どうしても内臓がどんどん出てくるんだ! どうにもできなかった!あいつ言うんだ『俺うちへ帰りてぇー帰りてぇー』 そればっかりだ『国へ帰りてぇー 帰ってシボレー乗り回してえよー』 でも・・あいつの足が見つからねえんだ・・足が見つからねえんだ・・ あれが頭にこびりついてる もう7年にもなるのに・・毎日思い出すんだ。 目が覚めてどこにいるのか分かんねえ時もある 誰とも喋れねえ・・ 時には一日・・一週間も・・忘れられねえ・・あれが・・‘’ もしかしてドン引きしてますか??長いですよねさすがに(笑)すみません(;'∀') このセリフのあとにランボーはまるで子供のように大佐に縋り、しゃくりあげ泣いて、 大佐も子供をなだめるように胸に抱いてあげるんです。 そして私もセルフエコノミーモード・・涙で画面が見えません・・。 大佐によって戦士として作り上げられたジョン・ランボーは、戦場しか知りません。 戦場が故郷なのです。そんな彼に、世間は酷でした。 この映画は、当時社会問題とされていたベトナム帰還兵についての風刺映画としての側面が強いですね。反戦の意味を持った超社会派映画です。 たった40年ほど前・・そう昔の話ではないんですよね、他人事ではないです・・。 昨今でも、いまだに戦争意識のある国は多く存在します。 その点、戦争はしないと決めた日本は、すごく良い判断だったのではと私は思います。 戦争を起こすのは、いつでも「我々が正しい」と思い他を排除しようと動く人達です。 ここで言っておきますが一元的な正義などこの世にはありません。 なにが正しいのかは誰にもわかりません。 ですが悲しみを呼ぶことはおそらく正しいことではないと思いますよね・・。 ランボーだってきっと、戦いたくて戦っていたわけではなく、それが正しいと教え込まれてきたから他に手段を選べなかっただけです。 でも私たちにはちゃんと選ぶ手段がある・・。 みんなで悲しみを呼ばない手段を選んでいきたいですね。 長くなりすぎました・・ついつい愛が深くて(笑) ドン引きしましたよね、いやほんとすみません! では、次回もたぶん映画のことで書くと思います~!! 昨日は『ラブ・アクチュアリー』を観たので(*´ω`*) ではでは、またー!!

    りんごてゃ
    メール
  16. 2018/1/31 (水) 17:01

    ため息が出るほどうっとり・・。 上品な大人の男の色気・・最高です。 今日は、先日観た映画についての感想です(*´ω`*) いや、この前の記事でドラクエの話したからその続きでもいいかとは思ったのですが、 映画の感想は鮮度のいいうちにって言うじゃないですか!(言わない) 今回は、画像にもある通り、そうですその通りです。 現在絶賛公開中「キングスマン ゴールデンサークル」の、 あのコリン・ファースが主演を務めた2009年公開の映画・・・ その名も「シングルマン」です! 前々からタイトルに引っ掛かりを感じていて、 コリン・ファースにも正直めちゃくちゃ興味があったのでようやく観ることにしました。 あらすじとしては、私が下手に紹介してもアレなので公式から引っ張ってきます・・ 以下あらすじ! ‘’1962年のキューバ危機下にあったロサンゼルス。長年の同性愛の恋人だったジムを8ヶ月前に交通事故で失い、生きる価値を見失っていたイギリス人の大学教授ジョージはピストル自殺を企てる。大学のデスクを片付け、弾丸を購入。「ネクタイはウィンザーノットで」と遺書をしたため、準備を進める。しかしジョージの学生、ケニーがジョージにゆっくりと近づいていく。‘’ とまあ、同性愛系のお話です。 しかし注目したいのはこのタイトルですね・・! シングルマンというのは、独身男性という意味で間違いないと思うのですが。 そう、これってただのゲイ映画じゃないんですよ。 ゲイの話だから関係ないわけではないんですね。 これはみんなに観て欲しい。そして考えてほしい。 あんまり言うとネタバレになってしまうのですごくここはせめぎあいなのですが・・・ 「シングルマン」には、独身男性という意味に加えて、 いわゆる孤独、といった意味合いもあるのではないかと私は思います。 孤独な人間は死ぬことに対しておそらく恐怖がありません。 大切だと思う人が居ると途端に死は恐怖になります。 ジョージは、恋人を亡くし、生きる価値を失って自殺を決意します。 ここで思うのですが・・・生きる価値って何なんでしょうか? 私にはそれはまだわかりません・・・ 永遠のテーマですよね。 自分以外の誰かのために生きるのが価値なのでしょうか? でも、少なくともジョージはそう考えたようですね。 では孤独な人間に価値はないのでしょうか? そもそも本当に孤独な人間なんて居るのでしょうか・・・ なんだかまとまらなくなってきたな(;'∀') つまりそういうことです(逃げた!笑) この映画は、主人公であるジョージの主観的な目線の演出が印象的です。 これから死のうとする人間の主観。興味深いですよね。 また絶対に押さえておきたいのは、思わず息を飲むようなあの映像美ですよね・・。 全てのシーンのディテールが事細かに作り込まれているんです。 映るのは美しい男、真っ白なシーツ、年齢を重ねた白い肌にシワ一つないスーツ。 これ以上のエロスが他にありますか・・・って話ですよ・・・・っ!!! いや、こういうのはわからない人もいるのかもしれませんが・・・。 直接的な卑猥な描写や表現は一切ないのに、 そこはかとなくあふれ出る色気・・・・・エロス・・・・・ まさにため息が出るような美しさです。 こういうの、こういうのですよ私が好きなのは・・!! ああもう、是非観てくださいっ! そして感想を言い合いましょう( ;∀;) はあ・・いまほんとにため息が出ました(笑) まだまだ語りたいことはありますが、長くなるのでこのへんで! 長々と読んでいただきありがとうございました。 あと一昨日は久々にランボーを観たのでそれについても近々書きます! ではでは~!!

    りんごてゃ
    メール
  17. 2018/1/14 (日) 18:21

    ついに・・・ プロフィールにもありますが、先日までドラクエ11の実況動画を 観ていた次第、この度わたくしりんごは・・ついにポチってしまいました!! ドラゴンクエストⅠ!! 有名なシリーズものだしオタクとして内容くらいは把握しとかないとなあ と思ってはいたものの、まさか自分でプレイしたくなるとは・・ ククク・・もう入金もしたしあとは届くのを待つだけ(*'▽')ワクワク これから私は夢の80年代へトリップするのだ・・! 最新シリーズ以外ドラクエミリしらなのでまるで新発売のゲームをプレイするみたいな 感覚になります。不思議ですね、もう自分が生まれる前のゲームなのにむしろ新鮮というか。ちなみに先に知ってしまったんですがドラクエ最新作はドラクエ1に繋がるストーリーなようですね。なにそれムネアツ・・・! 早くプレイしたくて辛抱たまらんぞ!! 配達状況を知らせるメールをいまかいまかとスマホを握りしめつつ待っています。 最新ゲームをプレイしたくて待ちきれなかった子供時代を思い出すなあ、みなさんも身に覚えがありますよね? この感覚だけは忘れたくないものです(*´ω`) では今日はこの辺で! 次にブログを書くときには、私はもうすでにドラクエⅠをプレイしていることでしょう・・・

    りんごてゃ
    メール
  18. 2017/12/3 (日) 17:58

    ひょえー!? しばらく記憶を失くしてました!! どうも、朝野です! 今日はお昼からばりばりチャットに入ろうと思っていたのに、 いつの間にか気絶してたようです((+_+)) 気が付いたら17時過ぎ・・・ 朝も10時ごろまで寝ていたというんに 底知れぬ睡眠欲ですよ、末恐ろしわあ・・・ でもほら、寝る子は育つと言いますから! 身長があと5㎝伸びてくれることを期待して! 今日のところはご飯を食べて寝ますね! 普通の事しか言えなくて脳みその萎縮を感じる・・・ 画像はぜんぜん関係ないですが、先日新宿御苑に行った時に撮った 写真でございます(/・ω・)/ 我ながら写真が上手いな~ では、明日こそはチャットしますよ。 11時から18時ころですかね・・? ちゃんと起きます(;^ω^)

    りんごてゃ
    メール
  19. 2017/11/30 (木) 14:04

    大泉…料理…ウッ、頭が・・・!! となる今日この頃です。 どうも、朝野です! 最近、『探偵はバーにいる3』の宣伝でわれらが大泉洋さんが あらゆる番組に引っ張りだこですね! 毎日洋ちゃんの顔が見れて嬉しい限りなのですが、 番組内で料理に関する話題が上がること多くないですか!? 洋ちゃんが料理といえばあのシェフ大泉・・・と 私の頭は勝手に方程式を作り出すわけで・・・ NACSファンやどうでしょう藩士や子猫ちゃんたちはたぶんみんなそうなっちゃうんじゃないかなとおもうんですけど・・・ ってぜんぜん知らん人からしたらなんだそれ感半端ないブログですね! 端的にいえば、水曜どうでしょうというあの伝説的番組内において、 大泉さん扮するシェフ大泉というキャラクターが、他どうでしょうメンバーに 料理を振る舞うというものなんですけど・・・その料理がどれもまあなんとも微妙だったり絶妙だったりでというそういうアレですね! 個人的にすごく好きなのはクリスマス編のエビチリで(;'∀') あのエビチリを食べたその後の安田顕はエビアレルギーになり、もうエビが食べられなくなってしまった、というのがすごく好きです。 すごく好きです・・・。(大事なことなので2回言いました) NACSにハマってたのは高校のときがピークなので、いまはもうあんまり 追っかけられてないのですが、たまに思い出してやっぱり好きだな~となります・・・ ちなみに国民です(^ω^) 同志のかたいましたらぜひお話しましょ♪ 以上!今日は夜までいます~!

    りんごてゃ
    メール
  20. 2017/11/29 (水) 12:03

    来世の夢は、屈強な白人男性になって素敵な旦那さんをゲットすることです。 どうも、朝野です! 画像は、私の大好きなドルフ・ラングレン氏でございます(*´ω`*) 可愛いですね!!!!(異論は認めない) ドルフの映画は結構、主演のものだといわゆるB級映画が多いんですけど・・・ それでも結構気に入ってるのは『ジル・リップス』というやつです。 これもまあ言ってしまえば超B級映画なんですけれど、 なんといってもドルフにSMをやらせるという 女性ファンには嬉しすぎる映画なんですよね( ^ω^)・・・フフフ 半裸の状態で逆さに吊るされたドルフにボールギャグを咥えさせたり、 女王様のハイヒールを舐めさせたりと・・ 若かりし頃の美しいドルフにさせたいことをさせたいだけやるっていうね! 監督に熱いハグをかましてやりたいです。控えめに言って最高。 といったかんじで・・!ちょっとSぎみの朝野は大興奮の映画『ジル・リップス』 興味がある方はぜひ観てみてね!!(*ノωノ) 以上! 今日は18時ごろまでです~!

    りんごてゃ
    メール
  21. 2017/11/20 (月) 12:12

    一心同体、三銃士! おとといスパルタンXを観ました。 映画が好きと言っておきながら実はジャッキー映画を3本くらいしか 観たことがないというにわかっぷりの朝野ですが、これじゃいかんと思い ジャッキー映画に挑戦しだした次第です(;'∀') いやージャッキー、なんてかわいい顔してるんだよ・・! そのプリティフェイスとはアンバランスな肉体も萌えポイントですね・・・ (※個人の感想です) 内容についてですが、やっぱりこういった功夫映画は最高ですね!! ブルースリーは絶対的な強さで相手を打ちのめすって感じですけど、 ジャッキーは一見敵わない相手もいるっていう人間味が親しみやすくて そりゃあ愛されるわけだよ・・・と・・・ 近年、このスパルタンXのメンバー、ジャッキー、ユンピョウ、サモハンが集まって 撮られた写真を以前観たことがあったのですが、映画を観た後に再度見ると なんだか感慨深いものがあります・・・;つД`) これからちょっとジャッキー映画を追おうと思いますので なにか、これは真っ先に観るべき!!っていうのがありましたら 教えてくださいな♪(*´ω`*) ではではー 今日は18時半ごろまでいます☆彡

    りんごてゃ
    メール
  22. 2017/11/16 (木) 11:20

    自撮りめんどくさいマンなので9月に撮ったなぞのひまわりで茶を濁す・・・!! こんなひまわり初めて見たんですけど、こういうのって結構あるんですかね?? おしえてえろいひとー! じゃなくてえらいひとー! 寒い季節は外出が億劫になって写真もあんまり撮らなくなりますね~;つД`) でももうすぐクリスマスなので!! 今年はサンタクロースに明るい未来をくれるよう頼みました。 でかい靴下に入りきるか? 今日は夕方18時ごろまで居ます!(ごはん食べてたら入れないけど) へばね('ω')ノシ

    りんごてゃ
    メール
  23. 2017/11/15 (水) 17:27

    windowsの初期画面みたいな写真が撮れました・・・!! 太陽の光を浴びると元気が出ますよね~(*´ω`*) 基本的にインドアとしての人生を送ってますけど、 たまに写真を撮りに外に出て日光浴するとなんだか 生きてる!!って実感します…コウゴウセイ 天空の城ラピュタでシータの言っていた、 '土に根を下ろし 風と共に生きよう 種と共に冬を越え 鳥と共に春を歌おう' のセリフは年を取るごとにひしひしと染みるもんですね(´・ω・`) なんか普通の事しか言えないけど、要するに、みんな明日からも頑張って生きような!! ってことです('ω')ノ 最近は焼肉行けてなくてつらい・・つらいけどがんばる(エライ)

    りんごてゃ
    メール