ログイン
  1. ブログTOP
  2. りんごてゃさんのブログ
  3. 2018年7月26日 (木) 12:38 の投稿

りんごてゃさんのブログ

2018年7月26日 (木) 12:38

はじめてを捨てました・・・ こんなに良いものだったとは/// 感想をきいてください(´・ω・) はい、釣り乙ですね。 いや嘘は言ってないですよ、実はね先日、 スターウォーズ処女を捨てました。 お恥ずかしながら生まれてこの方二十数年、スターウォーズを観たことが無かったのです。 「映画好きを名乗っておいてスターウォーズも観たことないなんて笑」 と笑った人たちも居ました、いや、そういう人らは黙ってろってかんじなんですが。 でも確かに、そうも言いたくなる作品ですよね。まあ黙ってて欲しかったですけどね。 しかし本当に素晴らしい作品でした。 現在、観たのは旧3部作と新3部作と近年やっていたフォースの覚醒、ローグ・ワンの計8本ですね。あとは次に最後のジェダイを観て、いま公開中のハン・ソロを観ればとりあえず制覇でしょうか・・?アニメとかもあるようですがそれはまた別の機会に… 本当は全部見終わってからブログを書きたかったんですが我慢できずでしたね。笑 それでは以下感想を書いていきます。 なんというか、悪には悪の人生があるというのをここまで丁寧に描いた作品もなかなか見ないですよね。 そういうことを言いたいんだろうなというのはよくありますが…。 旧3部作ではルークが父であるベイダー卿に挑むというお話で、新3部作は過去にさかのぼりその父の幼少時代からダースベイダーとなるまでを描いたお話でした。 旧3部作だけを見ると、 まあベイダー卿も父親なんだなあふんふんというかんじですが、 もう!新3部作をみたら・・・ア、アナキン‥!!彼も一人の子供なのね…この世界が生んだ悲しき人の子…ウッウッ(涙)そしてオビワンとも厚く理解しあえていたのに…この二人の最後がアレだったのもグッとくるなア…オビワンは最後まで弟のように愛していたアナキンをその手で殺せずにいたのね…ウッウッ(号泣) といったかんじでした。 新3部作で背景の深さが一気に海底2万マイルくらいになって 地上に戻れなくなっちゃいましたね…といった印象です。汗 そしてそこから、物語は次の世代へ… フォースの覚醒では、ハン・ソロとレイア姫の息子、つまりベイダー卿の孫であるカイロ・レンが闇に染められ、一方では強いフォースに目覚めたレイがレンに立ちはだかるといった物語。最後のシーンではレイが伝説のジェダイであるベイダーの息子、ルーク・スカイウォーカーのもとへ辿り着く場面で終わりました。 このあと一体どうなっちゃうの~!?!? この続きは最後のジェダイで明らかになるんですかね・・?? 早く観たい…!! あの最後のシーンですっかり歳を取ったルークの姿を見て、 改めて時の流れや人生について想いを馳せてしまいました。 こういうの私すごい弱いんですよ。 かつて美しく強かった青年が、歳を取り老いに抗えなくなっている姿を見るともう… こういうの以前クリードを観た時もありましたね。あんなに強かったロッキーが早朝にダンスを踊っちゃうおちゃめなおじいちゃんになってるやつ…軽やかに駆け上っていたあの階段を、息切れしながら介助されながらやっと登れるくらいになってしまってるやつ…私あのシーンで号泣しました。 盛者必衰、ですね。 どんなに美しく逞しい者も必ず老いるし、やがて死ぬ。 そんな当たり前のことを、いざ突きつけられるとなぜ涙してしまうんでしょうか…。 そして、ぜんぜん関係ないけどハン・ソロの恰好よさよ‥‥ 近年エクスペンダブルズでハリソン・フォード見たときはチワワちゃんやんけ!とか思っちゃってたけどいやいやとんでもねえよ?? 歳取ってもハン・ソロは相変わらずセクシーでダンディで格好いい…!! いろんなとこで借金作って常に追われてるけど飄々としてる感じとか女性の扱いに長けているところとか利己主義かと思いきや仲間を見捨てられない熱さとか…めっちゃタイプですやん…となりました。いや借金はダメですけど。レイア姫が惚れないわけがないんだわ…。 でも息子と対峙した時のアレ、なあ~!やばくねえ!?マジ?? って感じですよ…本当に辛い。 またスピンオフ映画となるローグ・ワンではまたまた時代が遡って、アナキンがベイダー卿になった時期、とんでも宇宙要塞デス・スターができるまでのお話でしたね。私の大好きなドニー・イェンさまも登場するということで期待してましたが…!ドニー・イェン~!?ドニーさん!ああドニーさん!!(号泣) と…詳しくはネタバレになっちゃうんでアレですが、これも辛かった。 ともかく物語のいち展開に、 感情が右往左往とぶん回されて、 情緒不安定になりそうな、素晴らしいシリーズです。 私、過去の傑作みたいなの案外観てないの多いですけど、 有名作品はやっぱり観なきゃ、と思いましたね‥汗 このままだと私もスターウォーズTシャツを着て街を闊歩するサブカルクソ女になってしまうよお~!でもめっちゃTシャツ欲しい。笑 これを観たかつての少年たちが「俺の父ちゃんパイロット」って虚言を吐いたりしてたのも…わかる、わかるぞ。 私の父ちゃんもパイロット。(願望) ということでまた長くなってしまったのでこの辺で終わります。 最後のジェダイ観たらまた何か書くかもしれません…! ではでは。ここまで読んでくださりありがとうございました。